第65回
全国和裁技術コンクール結果報告

 一般社団法人日本和裁士会は下記の要領で全国和裁技術コンクールを実施し、7名の審査員がオンライン配信による公開審査を行い、5名の大臣賞入賞者を選出しました。全国和裁技術コンクールは長らく、和裁技術の伝承と後継者育成を主目的に若手を中心とする競技会形式を採ってきましたが、65回を迎えた今年度から年齢・経験を問わず、和裁に携わる者であれば誰でも参加できる作品応募形式に切り替えました。新たな形式で初開催したコンクールは、総体的にレベルが高く、和裁技術者の底力が改めて実感されました。今後もますますの応募を募り、発展させていきたいと考えています。挑戦をお待ちしています。

< 日時 >
令和3年12月20日(月)13:00~16:00

< 会場 >
ナチュラック茅場町新館2階大会議室
東京都中央区日本橋兜町12-7 兜町第3ビル

< 出 品 者 >
21名

< 審査内容 >
①縫製時間(6時間を基準とし、1時間上回るごとに減点)
②袖丈・袖口・口下・丸み
③袖付け・振り・裄かぶり・身八ツ口
④表衿付け・掛衿付け
⑤裏衿付け・衿先・くけ
⑥裾・褄・立褄
⑦吊り
⑧素縫い・中綴じ
⑨仕上げ・こて当て
⑩総体

審査の様子

第65回
全国和裁技術コンクール入賞者


下記にPDF情報もございます。
PDF形式はこちらから