イベント情報

全国和裁技術コンクール情報

第65回
全国和裁技術コンクール結果報告

 一般社団法人日本和裁士会は下記の要領で全国和裁技術コンクールを実施し、7名の審査員がオンライン配信による公開審査を行い、5名の大臣賞入賞者を選出しました。全国和裁技術コンクールは長らく、和裁技術の伝承と後継者育成を主目的に若手を中心とする競技会形式を採ってきましたが、65回を迎えた今年度から年齢・経験を問わず、和裁に携わる者であれば誰でも参加できる作品応募形式に切り替えました。新たな形式で初開催したコンクールは、総体的にレベルが高く、和裁技術者の底力が改めて実感されました。今後もますますの応募を募り、発展させていきたいと考えています。挑戦をお待ちしています。

< 日時 >
令和3年12月20日(月)13:00~16:00

< 会場 >
ナチュラック茅場町新館2階大会議室
東京都中央区日本橋兜町12-7 兜町第3ビル

< 出 品 者 >
21名

< 審査内容 >
①縫製時間(6時間を基準とし、1時間上回るごとに減点)
②袖丈・袖口・口下・丸み
③袖付け・振り・裄かぶり・身八ツ口
④表衿付け・掛衿付け
⑤裏衿付け・衿先・くけ
⑥裾・褄・立褄
⑦吊り
⑧素縫い・中綴じ
⑨仕上げ・こて当て
⑩総体

審査の様子

第65回
全国和裁技術コンクール入賞者


下記にPDF情報もございます。
PDF形式はこちらから



きもの作品コンテスト情報


第32回
きもの作品コンテスト結果報告

 高校生以上の学生を対象に、学生自身がきものの構造を理解し、縫製した作品を募るきもの作品コンテスト。32回目の今年は3校から19点の作品をご応募いただきました。甲乙つけがたい作品が揃い、若い感性によるデザイン性や素材の工夫などそれぞれに光る要素もありました。その中から愛知県立一宮高等学校の瀧花奈子さんの作品「水上花火」を最優秀賞の文部科学大臣賞に選出しました。和裁を指導されている高校におかれましては、ぜひご応募をご検討ください。

下記にPDF情報もございます。
PDF形式はこちらから

全国和裁研修会報告

第50回全国和裁研修会

 和裁士®として技術や知識を研鑽し、互いに学び合う場として開催してきた全国和裁研修会。新型コロナ禍で2020年に山口県で実施予定だった第50回大会は延期とし、2021年10月31日にオンライン形式でようやく実施することができました。インターネットはどうも苦手というベテランの方々も皆さんが協力することでつながり合うことができ、久々に日本和裁士会の全国の会員が集いました。講師の方々も和裁業に対してさまざまなヒントを投げかけていただき、実り多い機会となりました。日本和裁新聞に掲載した記事にて報告させていただきます。第51回は今秋をめどに近畿地区で開催予定です。

詳しくは下記のPDF(和裁新聞)情報をご覧下さい。
PDF形式はこちらから